RECOMMEND

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「アモーレ銀座OPEN記念作品展」に出品します | main | 「海月だって天をめざす」 >>
「熱波の記憶」

 ジュリア系バリエーションの練習画像から発展した作品です。
 
 
 なかなか思うようにいかないフラクタル画像と手描きモチーフの組み合わせに再挑戦です。
 出来てきたフラクタル画像が、どこか古代遺跡の不可思議で呪術的雰囲気を持っていたので、その見立てで。浸食する植物、おかまいなしの虫たち、遺跡の主はただすべてを静かに見ているだけです。
 「記憶」という時間が熱気の中に閉じこめられ沈殿しているような、そんな一枚にしたいなと思って描いておりました。
 
 
 完成間近にテーマから考えるととんでもない取りこぼし?を見つけ、あわやというところで手を加えることが出来ました。うっかりしていたらどうしようもない作品になってしまうところで、冷や汗ものでした。
 下図から詰めていく制作法ではないので、こういう落とし穴が時々口を開けています。これからも気をつけないと・・・
 
 
 植物を描くのにあんなに苦労したのに、虫たちは何の苦労もなくするすると画面に出てきてくれ、小さい頃からお花より虫さんたちのほうが断然好きで追いかけ回していた(スマン、虫さんたち・・・)結果がこうなるかと、変な納得をしておりました。
 そうなると、今のところきっかけはないけれど、爬虫類もどんどん描くべきかもしれない。ずっと気になっている古細菌とかにも登場を願うべきかもしんない。・・・・・・・いや、古細菌がどんな姿をしているのか、具体的にはよく知らないんですけれども・・・・・・
 
 
 
 
 まだまだいろいろ未知の部分が多い自分のお絵かき世界であります。
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
Comment
It comments.