RECOMMEND

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ジェミニの困惑」 | main | 稽古覚え書き >>
「Death March」


 赤を使う経験値を上げたくて、あまり描かない傾向のものを描いてみました。
 
 どうにも苦手感のある「赤」。
 血や暴力や死をストレートにイメージさせるだけに安易に使いたくもなく、また自己主張の強さに辟易もさせられます。でもそれだけ語るものの多い色でもあるわけで、避けてばかりもいられまい、という心持ちでした。
 
 でも結果的には赤よりもApophysisのxaos値調整の経験値が上がってしまいました。奥行きや構図を作っていくのに重要な値です。flameだけだとただペタッとした画面だったものがxaosを詰めていくにつれ厚みが出来てくるのには描いている本人もびっくりでした。
 
 
 
 今回は、赤を手の内にしようなどと大胆なことは考えず、まず赤に慣れる、といったところでしょうか。
 肯定的イメージの赤が使えれば言うことなしだったのですが、今の私にはそういう赤は想像もつかず、ホラー系画面との組み合わせという、割とありがちな方向になってしまいました。その安易さに自分でゲンナリ。モチベーションの維持が大変でした。
 安易だと感じてしまうものはもう仕方ないので、他が引きずられて甘くならないように、行きつ戻りつしつつ色も数値も構図も詰めていきました。それで↑xaos値の奥深さに気づけたのですから、得るものもあったということで・・・・
 次は、もっと赤のバリエーションに目を向けたいです。かわいい赤、清々しい赤、静かな赤もあるはず。見つけたいです。
 ゲンナリからひとさまにお見せしても許せるところまで引っ張ってこられたのはよかったです。一度、データ全部まとめてゴミ箱に突っ込んだのでした。でも「くそー、ダメもとでもう一回!」とサルベージ。・・・・・・これで迷わず成仏してくれるものと思います。
 
 
 
 
 ホラー系テーマで「恐怖」や「死」を描くよりも、どうも「成仏」のほうがより描きたいテーマに近いようです。
 赤を自在に使って成仏を描けるだろうか。
 そんな魔術を操れるのだろうか。
 
 ぼんやりと考えております。
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
Comment
It comments.