RECOMMEND

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ベラドンナ・アート展」二回目 | main | La bête du Gévaudan- ジェヴォーダンの獣 - >>
第9回「ベラドンナ・アート展」雑記
 今年から変えてもらった薬の効きが若干良いことと、ツイッターで拝見するスタッフさんや作家さん方の熱気が凄いことに背中を押されて、4月20日土曜日、東京都美術館に第9回「ベラドンナ・アート展」を見に行って参りました。

 
 内心、戦々恐々。
 作品の出来云々ではなく(そちらはもう、出来ることは全部やって出してしまった後なので、もう仕方ない)、やはり花粉のつらさへの恐怖心でした。
 でも絶好の曇天寒気。お天気のカミサマの思いやりだったのでしょうか。

 新幹線で東京に着いて次はナントカ線(よくわからない・・・)に乗り換え、上野で下りて駅を出たすぐに広々とした敷地と森と大きな建物と、小旗を揺らしたガイドさんに引きつれられた団体旅行さんの群れ、群れ、群れ。
 
 「上野公園て、公園て、パンダのいるところかー!」
 
 ・・・・・東京に縁のない地方在住者なんて、こんなもんです。
 もちろん、公園にパンダが走り回ってるわけでも、パンダしかいないわけでもないです。なんとなく名前だけは知っていたという施設や建物がいくつもあるんですね。何と!東京芸大もあったよ!! ←受験ターゲットには全然入ってなかったのでまるで知らなかった某芸大卒業者


 
 公園入り口に設置されていた総合看板のひとつに、ありましたありました。
 
 すごいなぁ、ダ・ヴィンチ展と同じ並びですよ。
 そこに出品させていただいてるんですよ、私。嘘みたいです。
 
 

 
 ナンデスト!!?
 
 爬虫類好きの煩悩直撃の展示もあったようで、来て早々に脇道にそれそうでした。日帰りなんて、もったいなかったですね・・・
 
 

 
 都美館エントランスには写真ではおなじみのメタルな球体が。
 お天気のいい日には青空がうつりこんで、森の緑や地面のタイル模様との対比が美しそうです。
 入り口はエスカレータで下りた地下に。
 

 
 入って左手にUターンして突き当たりから1階に上がり、そこが「ベラドンナ・アート展」会場でした。
 
 
 華やかで、みっしりと密度の高い、素晴らしい展示でした。
 誤解を恐れずに言えば、技術的なレベルの差は各展示者さんを比べてみれば大きくありました。しかし、だからといって、では技術がつたない作品でここに展示される力のないものがあるかと言えば、ひとつもない。
 
 ○○に比べてこれは素晴らしい、とか、××と比べてこれは良くない、とかの表現が、いかに虚しく無意味で愚かしいことか、一つ一つの作品の放つ光が見るものにそれを実感されてくれます。
 
 上手いだろう!(ドヤ
 この感性が社会規範に挑戦を云々かんぬん(ドヤ

 のような、鼻高々、あるいは理屈でけむに巻いてやろう、な姑息な作品もどこにも見あたりませんでした。
 
 これがどんなにすごいことか。
 アートの展示を見たことのある方ならわかっていただけるのでは、と思います。
 
 
 長時間展示室にいましたが、見ても見ても見足りない。もう一度あの作品見てみよう、と戻ると、また違う発見があり、時間がどんどん過ぎていきます。学ぶことだらけで、流し見が出来ませんでした。どの作品にも作り手さんたちの生の姿が写し込まれていました。
 
 
 そんなわけで、見るのに一生懸命で、自分の作品写真がありません。
 自分の作品を客観視して得たもの、気付いたこともたくさんありますが、それは私ひとりの胸にしまってこれからの制作に活かしていくよう努めます。
 
 
 
 
 納得の授賞式を終え、都美術館から銀座のアモーレギャラリーさんへ。「プチ・ベラドンナ展」が開催されています。
 

 
 開催初日にお買い上げが決まり、旅立ちの日を待つばかりの私の作品。
 こうして飾っていただくと、家で見るより随分とよそ行きの顔をしています。
 
 
 
 いい展示に参加させていただいて、よかったよね。
 
 キミともうひとりの大きい子がパスポートになってくれたおかげだよ。
 先方さんで大事にしてもらうんだよー。
 
 
 ひとりギャラリーを守っていらしたNoahさんと少しお話して帰途につきました。
 
 
 お留守番していてくれたダンナさんには特別おいしそうだったごーかな駅弁をおみやげに。(お相伴させてもらったらほんとにおいしかったよ!
 
 
 名古屋方面も雨降りで、花粉はずっと今日一日お休みしてくれました。
 
 
 
 さて、来年もここに来られるようによきものを生み出そう。
 お忙しい中、長時間話し相手をしてくださったsioさんすぎ山さんはじめスタッフの皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
 
 行って良かった。
 また次へ (^o^)






追記
 個人的に、圧倒されたのは小金井ケイコ様の大作群でした。
 鍛錬を積んだ者のみが出せるカミソリのような線に全身が泡立つようで。絵を描くということは、こういうことか、といつまでもいつまでも、作品の前から離れることが出来ませんでした。
 
 


 
JUGEMテーマ:描く話

chloe | | comments(0) | - |
Comment
It comments.