RECOMMEND

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
絵の具で見つける6原色



 絵の具の混色で未だに戸惑うのですが、CMYKの3原色を絵の具でカバーするための6原色、というものを見つけたので覚えとして貼り付けます。
 
 これはホルベインの透明水彩でピックアップしたもの。
 
 各社各画材で名前は違うと思いますが、比べて近い色を探せば何とかなるかも。
 

 もちろん混色で出すのが難しい色もあり、それは遠慮無くチューブそのまま買ってしまえばいいと思います。好きな色を揃える、そのこと自体が楽しみでもありますし。
 
 
 CGですと使いたい色を選ぶのに何の苦労もありませんが、「絵の具」は難しいですね。
 でもやっぱりそれも楽しさでもあり。 

 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
タツコン2012 閉幕

 
 
ギャラリー龍屋さんで開催されていた「タツコン2012」が28日に閉幕し、29日にコンペ順位発表がありました。
 
 おかげさまで
7位入賞をさせていただきました。
 ご覧になって下さった皆様、一票を投じてくださった皆様、ありがとうございました。
 
 
 どうにも時間のやりくりがつかず、作品搬出のみで閉幕パーティーはタッチ・アンド・ゴーで失礼せざるを得なかったのですが、オーナー様にご挨拶申し上げた際

 「結構いいところ行ってますよ!」
 
 とおしらせいただいたのでした。
 
 なぬ、いいところ!? 総出品者100名だから20位台くらい?? ヽ(;▽;)ノワーーイ と幸せ気分で用事をこなし、21時半くらいからのUstでの発表中継を覗いていましたら、まさかの7位。ヒトケタ!
 椅子から転げ落ちそうになりました。
 
 
 作品とともに頂戴した投票用紙にはメッセージを添えて下さった方も多く、どのお言葉も今後の作品づくりの指標となるありがたい、そしてあたたかいものでした。CGならではの正確極まりない作図と手作業での絵作り、そのバランスを気に入って下さった方も大勢いらして、私の向かっている先は共感してくださる方もいる、決してひとりよがりなものではなさそうだ、と胸なで下ろす心地もいたしました。
 この投票用紙は大切に保存し、今の気持ちを忘れないための宝物といたします。
 
 
 
 
 このタツコン閉幕で、今年の展示は終了です。
 大晦日までは幸せに舞い上がり、来年元旦にはリセットしよう。
 
 また最初から始めるつもりで。
 
 
 2012年、お世話になりました皆様に心から御礼申し上げます。
 来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 



 
                 オエカキヨリ、ボクトアソブノユウセンデナ!!!!
                 (フクちゃん只今生後9ヶ月)
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 

JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
3rd DD !!

I am dreaming in the night air. by *m-chloe on deviantART


 "I am dreaming in the night air."、 日本語タイトル「留められた目の際を夜風だけが過ぎゆく」が2012年12月25日、クリスマスの日にdeviant ART Daily Deviation に選ばれました。
 
 通算3回目、フラクタル作品としては2回目の選出となります。
 
 
 不思議なものです。
 私は、数そして計算が子供の頃からとりわけ苦手でした。嫌いというのではなく、能力欠損レベルで頭に入ってこないのです。生活の必要から加減乗除は出来るようになっていますが、それでもちょっと油断するとヒトケタの計算であっさり間違える。
 そんな私が、数式で出来上がっているフラクタルに惹かれ、人様に「これいいね」と言ってもらえる作品を生み出せる。
 
 人生、何がどう転ぶかわかったものではありません。
 
 
 
 
 フラクタルのカミサマはこれからも私に力を貸してくれるでしょうか。
 人様の心に届く作品を生み出させてくれるでしょうか。
 
 
 
 人事を尽くして天命をアテにする。
 
 
 
 そんな感じで来たる年も歩んでいこうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(2) | - |
蝸牛の旅立ち
 11月26日(月)〜12月2日(日)「ようこそアモーレ展 〜全国から集うアモーレ期待の女性作家たち〜」 に出品しておりました「舞え舞え蝸牛」


Dance Dance Wildly, Snails by *m-chloe on deviantART

 が、お買い上げいただき旅立って行きました。
 
 
 べったりと凪いだ広大な湖面にひたすら小石を投げ込んでいただけだった今年の初め頃。時折こだまのように反応のお声をいただいて、それを励みにまた小石を磨いては投げしていたのですが、お金を出して手元に引き取ってくださるという波がこうして稀にでも打ち寄せてくれますと、改めて「湖」を囲む風景の豊かさに心打たれます。
 
 アモーレ銀座gallery様の励ましと御奮闘にどれだけ助けていただいたことか。感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 同展でご一緒した作家さん方のページです。皆さん素晴らしい世界を表現されていて、私も一鑑賞者として堪能させていただきました。

 黒 加津美様
 Komayu様
 永田 恵理様
 長谷川 千晴様
 宙平 和子様
 limbo様
 梨本 柚子様
 OBO様
 ノア様
 成田 朱希様

                (私のページはこちら
 
 
 そして、またいろいろ描きたい気持ちがふつふつしておりますが、とりあえずは年末。お家のこともしなくてはいけません。
 体力と時間を調整して新しい年に向かおうと思います。
 
 
 
 
 
 

JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
Apophysis - Post Works
 Apophysisの師匠、MUZU様から、Apophysisレンダリング後の加筆、そしてプリントとレンダリングサイズの関係についてお尋ねをいただきましたので簡単にまとめてみます。
 
 
 例として使うのはこの作品。
 
 
Coral Gems by *m-chloe on deviantART
 
 
 この作品はP8号相当(A3とB3の中間くらい)のサイズに作るのですが、まずは長辺1500pixelくらいにレンダリングして加筆の方向や感触を探っていきます。
 

 
 右下が試行錯誤後のレイヤーの様子。
 今回は別レンダリングの宝珠を元画像に加える構成ですので、配置や色彩を詰めていくために全部レイヤーが分けてあります。合成なしの一枚画像でしたらレイヤー4〜5枚で済むことも多いです。
 
 一番気を使うのが背景色です。
 Apophysisがレンダリングしてくれるpngファイルではフラクタルが半透明に出力されます。そのため、背景色が模様そのものの色に重なり雰囲気を大きく左右します。表現したい色を見つけるまで妥協せず試します。
 
 背景が決まってしまえば、あとはもう細かい描き込みの繰り返しです。
 手描きで模様を加えたり、レンダリングされた一部を消したりということは殆どしません。それを許してしまうと、フレームを詰めていく段階で甘さが出て、結果「逃げ」た絵に仕上がってしまうように思います。陰影の強調や背景への馴染ませ、色彩のコントラストなどを作り込んでいくことが多いです。
 
 全体の統一感を出すために、一色で塗りつぶしたレイヤーを「乗算」「焼き込み」などでごく薄く重ねる方法もよく使います。実画材で描くときの「グレーズ」の技法ですね。環境光を与える効果があります。
 
 
 
 自分の中でokが出せたら、本画のレンダリングにかかります。
 
 デジタルデータをプリントする場合350〜300dpiがやはり無難なようです(検証画像後述)が、この作品はP8号相当(A3とB3の中間くらい)のサイズに作るため、レンダリングでは4947×6835pixelのpngファイルが必要となりました。
 
 Apophysisは一定以上のサイズになると「これだけ大きいとpngはお奨めできないよー」とメッセージを出し、勝手にbmpで出力しやが・・・・もとい、してくれます。しかもグレースケール画像とディザ処理されたカラー情報画像の2枚に分けて。こんなことしてくれても何の役にも立たないんですが、おかまいなしです・・・。

 というわけで、元フラクタル画像を横にスライスして分割レンダリング。Photoshopで合成します。あとは先の小下絵?ファイルにならって仕上げていくだけです。
 

 
 
 ・・・・・・・さらにレイヤーが増えてます orz
 小さな紅い宝珠一粒一粒を独立レイヤーにした当然の報いです・・・。
 
 青線はパネル装したときの前面側面を区切るライン。印刷には出ません。
 
 納得出来るまで細部を詰めて、落款レイヤーを付け加えたら(これが私の中では「よし完成!」の儀式?になっているようです)完成です。
 webに投稿するだけなら、ここまででいいのですが、展示に出す場合はプリントに取りかかります。
 
 
 ここで気になるのが解像度とプリント精度のかねあい。
 まずは100dpiでプリントしたものをスキャンした画像です。
 

 
 
 次は350dpi。
 


 
 細かい線が100dpiではほとんど潰れています。
 大きな固まりやステンドグラス風の平面で構成された画面ならいいかもしれませんが、特に今回のようにびっしりと線で埋められた絵の場合、これでは台無しです。
 
 350から100まで、50刻みでプリントして比較した画像がこちら。
 
 
 
 全体の大きさと細部の細かさのバランスを見て出力解像度を決めるといいようです。
 離れて見ていただく大きな画面の作品なら少し解像度低めでもいいでしょうし、寄って見ていただくであろう小品ならそれなりの高解像度が欲しいところです。
 
 
 
 プリントの精度は用紙にも左右されます。
 写真用の光沢紙や絹目紙なら細部も色彩もほぼディスプレイ通りに出せますが、特有のテカリが見てくださる方の気持ちをはねつけるようなところもあるようです。一方、水彩紙風のテクスチュアを持つインクジェット用紙も多く出ていて、こちらはやさしい穏やかな画面に出来てきますが、細部や色の再現は一歩、いや二歩くらい?後れを取ります。
 どちらを取るか、作り手が心して選択すべきところだと思います。
 
 
 
 
 
 以上、フレームを詰めたそのあと、模様から絵に仕上げていく段階の流れをざっと記してみました。
 私自身これからまだまだ変わっていくとは思いますが、何かしらご参考になれば幸いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
銀座「あおぞら de アート」に行って参りました
 2012年11月4日日曜日、銀座「あおぞら de アート」に出品出席いたしました。
 

 
 
 いつもお世話になっているアモーレ銀座galleryさんからのご推薦を受けての参加で、お話をいただいた当初は正直、これは大変なことになったとか私なんぞでいいんだろうかとか途方に暮れておりました。
 でも、ご推薦下さったということは、絶対何か一つくらいはちょっとくらいは見どころがあると思ってくださったに違いない。ここで本人が引っ込んでどうすると、いいものを作って出品する「だけ」のことじゃんと、・・・・・その「だけ」が大変ということはあえて見ないふりをして・・・・・、腹をくくったのでした。
 
 
 
 しばらく東京とは縁が遠くなっており、途轍もなく遠い都市になり果てておりましたが、なに、行ってみればどことも変わらぬひとの暮らす街、ましてや同じgalleryさんの輪につながった女性絵描きさんたちが迎えてくださる豊かな場所でありました。
 
 原画の力強さに心奪われ、描き手さんたちの繊細さにしみじみとし、他ギャラリーの作家さん方ともお話しをし、充実した一日でした。ひとつ気付いたのは、webで見てパワーを感じる作品はやはり原画も素晴らしいということ。原画の持つ力はデジタル信号に変換されても失われないのですね。
 
 
 そして、一枚の作品が旅立っていきました。
 


Depth of Ancient Forest by *m-chloe on deviantART
 
 
 今の手法で制作を始めるスタートラインになった一枚で、じつは、なかなかこれを越えられなくてじたばたしている面もあったりします。

 「んじゃお先に行くね。あとはがんばってね〜 (^.^/~~~」
 
と言われたような気がします。と同時に、galleryさんへの責任もほんのちょっとは果たせたのかなぁと安堵したりもいたしました。
 
 
 
 
 
 
 地元へ戻って、スケジュール帳を確認しなおして、さて次、つぎ。
 アモーレのりりしく美しいこうは様、綺羅星のごとき作家の皆様、わざわざ足を運んで半日優しくおつきあい下さった男前弓引き様、皆々様に心からの御礼を申し上げます。
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(2) | - |
 展示に出す可能性のある作品は、展示が終わるまで日本のSNSには発表せずdAにのみ出すようにしています。
 
 2作品投稿してあるのですが、2枚とも今までより少し評判が良くて嬉しいです。
 見てくださる人が増えたこと
chloe | - | comments(0) | - |
「堕天使 - Sing Your Own Song - 」

Sing Your Own Song by *m-chloe on deviantART 


 アモーレ銀座gallery「天使&堕天使」展、堕天使編出品作。「天使 - Sing in Harmony -」と組みでお買い上げいただきました。
 
 
 天使が「秩序」内に在るのなら、堕天使とされるものは外に在るものであってほしいという視点でした。
 墜ちたるものとラベリングされているが、もともと異なった論理異なった地平に住む、「秩序」側とは無縁の存在。「天使」が結晶体なら「堕天使」は有機体。舞い踊る舞台には果てもない。
 
 「天使」の背景には「堕天使」の裳裾部分が描き込んであります。
 「堕天使」が身の内に抱く球たちは「天使」の世界をbubbleバリエーションでまるめた画像です。
 
 
 何を表現しているのか自分にとっては火を見るよりも明らかで、女性作家さんたちのみが集うアモーレ銀座galleryにふさわしい作品になったのではないかと思っています。
 
 
 
 反省もあります。
 主にテーマの展開に対して。
 「秩序」という軸を入れてしまったことで、「堕天使」がカウンターとしての存在に偏ってしまったのではないか。安易な分裂的世界観にとどまっているのではないか。二項対立はこの存在と一番縁のない考え方なのではないか。何より、見てくださる方に伝えられたのだろうか。
 
 
 
 
 
 ともあれ、会期は終わり、二枚の作品は私のもとから旅立って行きました。
 もう次の展示への準備も始まっています。新しい技法もたくさん覚えたいものです。
 反省点を踏まえて、次に進みたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

 


身体論 東洋的心身論と現代 (講談社学術文庫)
 
 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(2) | - |
全日本弓道連盟 弓道教本一巻
 これこそ魔術で編み上げられた本ではないかと思う。
 
 伝統の厚み深みから「弓道」というひとつの概念のもとエッセンスを抽出し、必要にして十分な
chloe | - | comments(0) | - |
「天使 - Sing in Harmony - 」

Sing in Harmony by *m-chloe on deviantART

 
 
 
 アモーレ銀座gallery「天使&堕天使」展、天使編出品作。気に入ってくださる方が現れお買い上げいただきました。とてもとても嬉しいです。
 
 
 神学的秩序に堅固に組み上げられた世界の中で、秩序の一員として共に歌うことを誘う存在を表したいと思いました。
 
 以前から西欧のキリスト教を基礎とした世界観にはとても興味を引かれていました。
 疑問と謎が尽きず、正統ローマカトリック、異端アルビジョワ、グノーシス、マニ教、ユダヤ教、そしてキリスト以前の古代ローマにおける信仰と価値観、さらにはエジプトやメソポタミア諸国の古代宗教に至るまで、書籍を読み美術品を見、自分なりの考えを広げていたさなかに、ギャラリーから「天使&堕天使」のお題が提示されたのでした。
 
 正直ためらいました。
 もうとても、羽の生えた美男美女タイプの画像は描けない。かといって霊を表して自他ともに納得させられるだけのものが自分にあるとも思えない。信仰とは無縁なので、イコンのまねごとなぞ描いて真摯に向き合っておられる方々に無礼をはたらくようなこともしたくない。
 手がかりは「秩序」でした。
 
 
 
 テッド・チャンの「地獄とは神の不在なり」の世界、湯浅泰雄氏の書かれる「メタ・フィジカ」と「メタ・プシキカ」の対比、それらをいつか描けるようになれればとじたばたしております。
 
 
 
 

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)


 
 



 
 
 
 
 
JUGEMテーマ:描く話

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
chloe | | comments(0) | - |
<< / 3/11PAGES / >>